ニュース
» 2017年06月06日 11時40分 UPDATE

東京・山梨の事業所で:佐川急便、週休3日制導入 ドライバーの「働き方」変える

佐川急便が、東京都と山梨県の事業所に週休3日制を試験導入したことを明らかにした。

[ITmedia]

 佐川急便は6月6日、東京都と山梨県の事業所に週休3日制を試験導入したことを明らかにした。多様な働き方を可能にすることで、人手不足が叫ばれるセールスドライバーの確保につなげる狙いがある。

photo 佐川急便の公式サイト

 両事業所では今年4月から、正社員のドライバーの募集要項に「週休3日制を選択可」との条項を追加し、人員の拡充を図っている。所定労働時間は、週休2日制の場合は1日当たり8時間だが、週休3日制を選択した場合は1日当たり10時間となる。

 どちらの働き方を選択した場合でも、基本給は同額が支給される。

photo 求人サイト「エン・ジャパン」に掲載された佐川急便の募集要項。“週休3日も可能”と書かれている

 週休3日制を導入した背景について、同社の広報担当者は「これまでの運輸業界は典型的な労働集約型産業であり、1人のドライバーが朝から晩まで働くケースが当たり前だった」という。「しかし、こうした方法は、人手不足が深刻化しており、『働き方改革』が急務となっている現代に即していないため、多くの方に働いてもらうために環境を整備した」と理由を話す。

 他の事業所や職種への週休3日制の拡大は「現時点では未定」(同)。今後、検討を重ねていくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集