ニュース
» 2017年06月14日 17時30分 UPDATE

よみうりランドがコラボ:「HiGH&LOW」を再現 「ハイローランド」を見てきた (1/4)

よみうりランドと「HiGH&LOW」が6月14日からコラボ企画スタート。オリジナル飲食メニューの提供や、衣装・小道具の展示、スペシャルアトラクションともりだくさん。実際に行ってきた。

[青柳美帆子,ITmedia]

 よみうりランド(東京都稲城市)が6月14日〜9月10日、EXILEグループが率いるエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」とコラボする。ドラマ・映画の出演者が好きなメニューをそろえたオリジナル飲食メニューや、実際に着用した衣装・小道具や再現したセットを楽しめるミュージアムのほか、アトラクションもHiGH&LOW仕様になる。

よみうりランドとHiGH&LOWのコラボが6月14日からスタート

 HiGH&LOWは、2015年放送のドラマ(日本テレビ系)を皮切りに、映画、ライブ、音楽、SNS、リアルイベントなど多岐にわたる展開を行っているプロジェクト。映画1作目「HiGH&LOW THE MOVIE」は動員160万人、興行収入21億円の大ヒットに。映画2作目「HiGH&LOW THE RED RAIN」も動員90万人、興行収入12億円のヒットとなっている。17年はCLAMPによるコミカライズが始まり、映画新作も8月に公開を控えている。

 16年夏には日本テレビ前のスペースでリアル店舗の「HiGH&LOW THE BASE」を期間限定でオープンし、オリジナル飲食メニューや限定グッズを提供。予想を上回る10万人が訪れたという。リアル店舗展開第2弾となるよみうりランドでは、以下の5つの企画が用意されている。

THE LAND

 ドラマや映画に登場する「山王商店街」の夏祭りをイメージした飲食スペース。「達磨一家」が仕切りをしているという設定で、達磨一家のトレードマークである赤い法被を着たスタッフが食事を提供する。「THE BASE」の約3倍となる1000席を用意している。

飲食スペース「THE LAND」
達磨一家の赤い法被を着たスタッフが食事を提供する

THE MUSEUM

 ドラマ・映画の世界観を再現したスペース。セット、出演者の着用衣装、バイクや小道具などを展示する。スマートフォンアプリを活用したARの撮影スポットもあり、「自分がHiGH&LOWの世界にいるような感覚」をうたう。

「THE MUSEUM」

アトラクションコラボ

 既存のアトラクション5種類のラッピングや楽曲などがHiGH&LOW仕様に。ジェットコースター「山王バンデット」、観覧車「SWORD観覧車」、落下系アトラクション「雅貴タワー&広斗タワー」、バンジージャンプ「RUDEバンジー」、お化け屋敷「山王商店街のお化け屋敷」がオープン。

特別映像上映&イベント

 限定ショートムービー、CLAMPとコラボしたショートアニメ、映画第3作目の予告映像のほか、土日祝には映画1作目の特別バージョン(150分)を1日2回上映。キャストによる応援上映や舞台あいさつも予定する。

週替わりスタンプラリー

 週替わりで作中に登場するチームのスタンプが登場。前8種類をコンプリートすると、オリジナルステッカーがもらえる。

 会場のさまざまなスペースに出演者のサインがあったり、園内にキャラクターのボードが掲出されていたり、作中で使用された音楽がかかっていたりと、よみうりランド全体が「ハイローランド」となる約3カ月間だ。主要登場人物の1人・コブラを演じる岩田剛典さんは「HiGH&LOWを知らない人でも楽しめる」と太鼓判を押す。

「HiGH&LOWを知らない人でも楽しめる」という岩田さん
「革ジャンは暑かったです」と汗だくの岩田さん。「熱中症にならないよう気を付けて」とファンに向けて注意喚起

 よみうりランドはこれまでも「兄に愛されすぎて困ってます」や「黒崎くんの言いなりになんてならない」など日本テレビ系の作品と組んでおり、作品を生かしたコラボに定評がある。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集