インタビュー
» 2017年06月21日 11時10分 UPDATE

「ハイローランド」実現の裏側:「HiGH&LOW」とよみうりランドがコラボするワケ

エンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」とよみうりランドが遊園地全域にわたるコラボ。コラボはどのような経緯で実現したのか。EXILE TRIBEメンバーはどのように企画に携わっているのか? 日本テレビの八木元氏に聞いた。

[青柳美帆子,ITmedia]

 よみうりランド(東京都稲城市)とエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」のコラボが、6月14日から9月10日にかけて開催中だ。

 「HiGH&LOW」は、ドラマ(日本テレビ系列)と映画で世界観をつくり、音楽、ライブ、漫画、ファッション、イベントなど多面的に展開するプロジェクト。EXILE TRIBEほか、さまざまな豪華キャストが出演している。よみうりランドとのコラボでは、世界観を再現したエリアやアトラクションが楽しめる。飲食物販エリア、ミュージアムエリア、ホールエリアのほか、ジェットコースターや観覧車、お化け屋敷など5つの人気アトラクションが特別仕様になっている(関連記事)。

 これまでもよみうりランドは、「兄に愛されすぎて困ってます」や「黒崎くんの言いなりになんてならない」など、日本テレビが企画・プロデュースする映画とコラボしてきた。だが遊園地全域にわたる作品コラボは類を見ない。

 よみうりランドが「HiGH&LOWファンの方も、これからファンになる方もみんなが楽しめるようなイベントになるようこだわった」(宣伝部)と自信を見せる「HiGH&LOW」コラボは、どのような経緯で実現したのか。日本テレビの八木元 編成局編成センター総合編成部次長に聞いた。

よみうりランドと「HiGH&LOW」がコラボ。プロジェクトの世界観を再現したエリアやアトラクションを展開する

「ハイローランド」実現の裏側

――よみうりランドとのコラボは、どのような経緯で実現したのでしょうか。

 2016年の「HiGH&LOW THE BASE」は、日テレの夏祭りイベントである「超汐留パラダイス」と一緒に汐留エリアで開催しましたが、残念ながら17年は同じ会場で実施が出来ないことが事前に分かっていたので、代替地を探していました。

 東京のみならず、横浜や千葉まで探していましたが、なかなか良い物件が見つからず、よみうりランドさんにご相談したところ、快くのっていただきました。よみうりランドさんとは、昔から番組のロケ地でよくお世話になっており、直近では映画「兄に愛されすぎて困ってます」の撮影でご協力いただいていました。

 EXILE HIROさんにも下見に行っていただいたところ、大変気に入っていただき、話がイッキに進み、実施決定の運びとなりました。

――「THE BASE」よりも規模を大きくしたリアルイベントですが、大きくした意図を教えてください。

 昨年の「THE BASE」は、会場が狭く、やれることに制約がありました。

 今年は、映画の世界観の再現のために、大きく3つのエリアを作りました。1つ目は飲食物販エリアで、HiGH&LOWの世界観から作ったオリジナルのフードメニューを食べられるスペースや、ノベルティグッズ、お菓子、カプセルトイが買えるショップがあります。

 2つ目はミュージアムエリアで、ドラマ、映画のセット、衣装、小道具、バイクなどを展示、AR技術で出演者との記念撮影などができます。

 3つ目はホールエリアで、16年公開の映画「HiGH&LOW THE MOVIE」のアクションシーンを中心に拡充したSPECIAL EDITIONの上映や、スピンオフのショートコメディー、人気漫画家のCLAMP先生とコラボしたショートアニメの上映を行っています。

 また、HiGH&LOWのエリアだけでなく、遊園地全体ともコラボしています。ジェットコースターや観覧車、お化け屋敷など5つの人気施設を特別仕様にしています。

ミュージアムエリアでは、セット、小道具、衣装などを展示

――コラボにおいて、EXILE TRIBEメンバーの協力はどのくらいあったのでしょうか。

 そもそも、EXILE HIROさんが、よみうりランドを見てとても気に入っていただいたことでスタートしています。上記の3つのエリアの企画や演出プランを何度もミーティングし、アイデアをいただきました。また、ホールで上映しているショートコメディー「DTC」(ダン・テッツ・チハルの頭文字)のダン役の山下健二郎さんには、お化け屋敷をプロデュースするため、アイデア会議にも参加していただきました。

 また、飲食物販エリア「THE LAND」の野外ステージへのサプライス登壇、ホールでの映画上映の舞台あいさつに、EXILE TRIBEのメンバーの方や、映画の出演者の方に、ご来場いただく予定です。

――初日(6月14日)を終えて、手応えなどは。

 初日は、プレス発表を午後に実施し、午後3時からの営業でしたが、丸1日の来場想定よりも多いお客さまに来ていただきました。HiGH&LOWのファンの方かと思います。ありがたいお話です。2日目、3日目も平日が続きましたが、連日、キャストの皆さんに来ていただいたことと相まって、多くのお客さまに来場していただいています。

 HiGH&LOWだけでなく、遊園地で遊んでいかれる方も多く、楽しい初夏の思い出となったようで、遊園地であるよみうりランドで実施した相乗効果が出ていると感じます。

――最後に、実施期間の目標入場者数は。

 すばり20万人です。とても高い数字なので簡単ではないですが、1人1人のお客さまの満足を積み重ねることで、少しでも目標に近付けていければと思っています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集