ニュース
» 2017年06月21日 17時39分 UPDATE

“ネタバレ禁止”展示会でトラブル:ブラックボックス展、運営が謝罪「予期せぬ行為あった」

「痴漢行為などがあった」と話題になっていた展示会「ブラックボックス展」の運営がWeb上で謝罪。「安全確保体制を敷いていたが、予期せぬ行為はあった」という。

[ITmedia]

 「痴漢行為などがあった」とネット上で指摘されていた展示会「なかのひとよ BLACK BOX」(通称ブラックボックス展)の運営者が6月21日、謝罪文をWebサイトに掲載した。「安全確保に可能な限りの体制を敷いていたが、予期せぬ来場者による行為があったことを把握している」とし、事実の究明を急いでいるという。

“ネタバレ禁止”の展示会「ブラックボックス展」

 ブラックボックス展は、5月6日〜6月17日に東京都港区のギャラリーで開催。「会期終了まで、作品や展示環境に関する事実をインターネット上や第三者に発信・公開しない」という同意書を来場者に署名させる“ネタバレ禁止”の展示会で、口コミで話題に。会場前に長蛇の列ができるほどの来場者を集めていた。

 しかし、会期が終わると、来場者から「会場内の暗闇でキスをされた」「痴漢行為をされた」などの報告が相次ぎ、運営者に事実確認や安全管理責任を求める声が上がっていた。

 運営者の「なかのひとよ」によると、会期中はスタッフの増員、会場待機、定期巡回など安全確保の体制を敷いていたが、「来場者による予期せぬ行為(床のタイルを剥がす、壁を執拗にたたく、ドアを無理やり開けようとするなど)があったことは事実として確認している」という。

 ギャラリーに具体的な被害の申し立てはないというが、「それ以外にも問題行為があったとするならばそれは誠に遺憾であり、警察担当者の協力のもと事実の究明を急いでいる」とし、情報を求めている

運営者による謝罪文

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集