ニュース
» 2017年07月03日 15時20分 UPDATE

3兄弟の個性強調:トヨタ、新「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」発売 (1/4)

トヨタがミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」をマイナーチェンジ。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は7月3日、ミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」をマイナーチェンジし、発売した。それぞれの個性を際立たせたデザインの改良、室内装備の充実などを図った。

photo ヴォクシー ZS (ハイブリッド車、イナズマスパーキングブラックガラスフレーク)
photo ノア Si (ハイブリッド車、ホワイトパールクリスタルシャイン)
photo エスクァイア Gi“Premium Package” (ハイブリッド車、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン)

 2014年発売のヴォクシー、ノアの3代目とエスクァイアを一部改良。押し出しの強いヴォクシー、モダンなノア、両車をベースにプレミアム感を高めたエスクァイアの個性を強調している。

photo ヴォクシーの正面
photo ノアの正面

 ヴォクシーとノアは、エクステリアではバイビームLEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプを採用。ヴォクシーでは2段ヘッドランプをよりシャープな印象にし、「カッコよさを強調」(同社)。ノアはモダンで精悍な(せいかん)な印象にしている。エアロ仕様のヴォクシー「ZS」とノア「Si」では、「ハ」の字をテーマにしたスタイルとし、スポーティーでアグレッシブなイメージを強化している。

 インテリアでは、天井までブラックで統一し、ピアノブラック塗装をあしらうなどして質感を向上。オプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅を細くすることでシャープな印象にしている。

photo ヴォクシー ZS (ハイブリッド車、内装色:ブラック)
photo エスクァイア Gi (7人乗り・2WD、ボルドーマイカメタリック)

 エスクァイアもバイビームLEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用で先進さと精悍さを強調し、フロントグリルのデザイン改良で高級感や「堂々感」を強化。上質な室内空間を備える最上級パッケージ「Gi“Premium Package”」を新設定する。

 各車共通で、助手席シートバックには格納式テーブル(カップホルダー2個付き)とインパネのセンターロア部に充電用USB端子×2個を標準装備。クルーズコントロール、紫外線と赤外線をカットするウインドシールドガラスも全車標準装備とした。

 価格は、ヴォクシー、ノアが246万6720円〜326万9160円、エスクァイアが267万5160円〜335万8800円。

 ヴォクシーはネッツ店、ノア店はカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店で販売。月販目標はヴォクシーが5000台、ノアが2700台、エスクァイアが2300台。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集