ニュース
» 2017年07月05日 16時47分 UPDATE

アースも上昇:フマキラー株、また高値更新 “ヒアリ銘柄”好調続く

猛毒を持つアリ「ヒアリ」の女王アリ発見から一夜明けた7月5日も、株式市場では“ヒアリ銘柄”が好調。フマキラーなどが年初来高値を更新した。

[ITmedia]

 猛毒を持つアリ「ヒアリ」の女王アリが発見された7月4日、株式市場では、殺虫剤の製造・販売や害虫駆除サービスを展開する企業の株価が軒並み高騰した。そして、発見から一夜明けた5日も、殺虫関連サービスの需要が増えるとの期待から“ヒアリ銘柄”の好調が続いている。

photo 猛毒を持つアリ「ヒアリ」=環境省の資料より

 殺虫剤や園芸用品の開発・販売を手掛け、アリの駆除剤を地方自治体に提供しているフマキラー(東証2部)の株価は、取引開始直後の午前9時ごろから上昇。午前9時14分には前日比184円高(+18.0%)の1208円を付け、年初来高値を更新。バブル期の1987年3月に付けた上場来高値1280円に近づいた。

 その後緩やかに下降したものの、終値は前日比80円高(+7.8%)の1104円と高値を保った。

 同社株価の年初来高値の更新は2日連続。(関連記事

photo フマキラーの株価の動き=Yahoo!ファイナンスより

 また、防虫忌避製品を開発するニックス(東証JASDAQ)の株価も、午前9時ごろから急騰。午前9時15分には、値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比300円高(+22.3%)の1645円を付け、年初来高値を更新。その後やや下げたが、終値は前日比177円高(13.2%)の1522円だった。

photo ニックスの株価の動き=Yahoo!ファイナンスより

 このほか、農薬製造のエス・ディー・エス バイオテック(東証2部)、シロアリ防除のサニックス(東証1部)も2日連続で年初来高値を更新した。

 殺虫剤最大手だが、4日は出遅れていたアース製薬(東証1部)は5日には買われ、前日比240円高(+4.2%)の5970円で取引を終えた。

photo アース製薬の株価の動き=Yahoo!ファイナンスより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集