ニュース
» 2017年07月14日 18時15分 UPDATE

既存店売上高が好調:「いきなり!」好調 ペッパーフードが大幅上方修正

ステーキチェーンを展開するペッパーフードサービスが業績見通しを大幅に上方修正した。

[ITmedia]

 ステーキチェーンを展開するペッパーフードサービスは7月14日、2017年12月期通期の連結業績予想を上方修正し、営業利益が前回予想から約59%増の21億8500万円になる見通しだと発表した。「いきなり!ステーキ」業態を含め、既存店売上高が好調に推移しているため。

photo 好調な「いきなり!ステーキ」のリブロースステーキ=Webサイトより

 売上高は前回予想から48億円増の334億円に上方修正。前期実績(223億円)から大幅増収となる。

 「いきなり!」業態は、国内既存店売上高が4〜6月期で前年同期比20%超の伸び。米ニューヨークへの初出店も好調という。「ペッパーランチ」業態も、既存店売上高が6月まで56カ月連続で前年同期比プラスで推移している。

 通期の営業利益は、前期実績(9億5800万円)から2倍超に拡大する見通しに。最終損益見通しも前回予想から約64%増の12億4600万円と、前期実績(5億7200万円)を大きく上回る見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集