ニュース
» 2017年07月19日 18時30分 UPDATE

購入した時間を使用・売却・保有できる:専門家の“時間を売買”できる「Timebank」 今秋スタート

メタップスが専門家の時間を売買できるサービス「Timebank」を初秋にスタート予定。専門家の隙間時間を購入し、指定の用途に使用できる。時間の売却や保有も可能。

[ITmedia]

 フィンテック事業などを展開するメタップスは7月18日、さまざまな時間を10秒単位で売買できるサービス「Timebank(タイムバンク)」を今秋にスタートすると発表した。専門家が空いている時間を売り、購入した人が講演依頼や食事の招待などに使用できる。

メタップスが「Timebank」を今秋スタート

 タイムバンクは、技術者、経営者、アスリート、歌手などの専門家の隙間時間を一般のユーザーが購入できるサービス。購入した時間は、販売者が指定した用途で使用することができる。使用例として、経営者の時間を1時間購入してランチをとったり、スポーツ選手の時間を2時間購入して講演を依頼したり――などが考えられる。

専門家の隙間時間を購入できる
購入した時間は、使う・売る・持つことが可能

 時間の価格は株価のように変動し、購入した時間を欲しい人に市場価格で売ることや、使わずに保有し続けることもできる。

 メタップスはサービス開始に先駆け、オンライン上の影響力があるユーザーを対象に時間の発行者(販売者)の事前募集を開始。Facebook、Twitter、YouTube(Instagramは準備中)などのSNSでアカウント連携を行うと自動でスコアを算出し、一定以上の場合は申請が可能になる。申請後は、運営スタッフと外部アドバイザーが影響力・信頼性・専門性を審査し、初期の市場価格を決定する。

オンライン上の影響力があるユーザーを対象に、時間の発行者を事前募集

 時間の売買サービスは、グローバルウェイの「TimeTicket」などが先行。また、ソーシャルの影響力などを市場価格として換算し取引するサービスには「VALU」などがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集