ニュース
» 2017年07月24日 12時45分 UPDATE

さらなるECの発展目指す:実店舗の様子をVRで再現 遠隔地でもリアルな購買体験

エスキュービズム、共同印刷、タッグが、ECシステム「EC−Orange VR」を開発。実店舗の様子をVRで再現し、現地で買い物をしているような購買体験を提供できるという。【更新】

[ITmedia]

 ECサイト構築などを手掛けるエスキュービズム、共同印刷、商業施設運営コンサルティングのタッグは7月24日、VR(仮想現実)の技術を活用したEC(インターネット通販)システム「EC−Orange VR」を開発したと発表した。実店舗の様子をVR空間上で再現し、現地で買い物をしているような購買体験を利用者に提供できるという。

photo EC−Orange VRのイメージ

 ECに注力したい小売店などをターゲットに想定。同システムを導入した場合、実店舗で買い物をする時間がない人、買い物が困難な高齢者、訪日外国人など、新たな顧客層の獲得につながるという。2017年9月にプロトタイプをリリースし、年内にも正式販売を始める予定。

 利用者はWebブラウザ上から、商品が並んでいる店内の様子を閲覧できる。商品の画像は4000倍まで拡大できるため、商品の質感やディテールを確かめられる。

 商品を選択すると、価格、特徴、素材、サイズ、原産国などの情報が表示される。一般的なECサイトと同様、気に入った商品を「カート」に入れてまとめて決済することが可能だ。

 同システムは、エスキュービズムのECシステム「EC−Orange」にベースに、タッグが持つバーチャル空間上での決済技術と、共同印刷が持つ画像認識技術を組み合わせて開発した。

 専用の機材で店舗内の様子を撮影すると、画像上から商品を自動認識する仕組み。データベース上の商品情報とひも付けられるため、導入企業の商品登録の手間を削減できるとしている。部分的に画像を加工することで、商品の入れ替えも可能という。

 VR空間上での動画やクーポンの配信、ゲーム要素などの実装も予定しているという。

photo
photo サービスの主な特徴

 価格は、2拠点当たり1500万円。18年中に30社への導入を目指すとしている。

【更新:2017年7月24日午後1時30分 エスキュービズムへの取材に基づき追記しました。】

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集