ニュース
» 2017年07月24日 19時32分 UPDATE

14年に名前変えて継続も:「livedoor Reader」後継版もサービス終了 利用者減で

ドワンゴが、かつて高い人気を誇ったRSSリーダー「Livedoor Reader」の後継サービス「Live Dwango Reader」を終了すると発表。

[ITmedia]

 ドワンゴは7月24日、RSSリーダーの「Live Dwango Reader」とスマホ版の「LDR Pocket」のサービスを2017年8月31日に終了すると発表した。「役割を終えたと考えたため」という。

photo Live Dwango Reader

 06年4月にライブドア(当時、現LINE)が「Livedoor Reader」としてサービスを開始。さまざまなショートカットキーに対応するなど、Webサイトの新着情報を一括管理できるRSSリーダーの中でもトップクラスの利便性を持ち、高い人気を獲得した。

 その後、LINEは14年10月に一度はサービス終了を発表したものの、継続を求めるユーザーからの要望が殺到したため撤回。ドワンゴに譲渡し、Live Dwango Readerに名称変更してサービスを継続していた。

 しかし、近年は利用者が大幅に減少しており、サービス終了に至ったとしている。

photo ドワンゴによる発表

 ドワンゴは同サービスのユーザーに「AOL Reader」「Feedly」「Inoreader」など他社サービスへの移行を推奨している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集