ニュース
» 2017年07月26日 18時40分 UPDATE

ハード所持者の2人に1人:「スプラトゥーン2」国内67万本突破 発売3日で

「スプラトゥーン2」が発売3日間で67万本を突破。任天堂の新型ハード「Nintendo Switch」所有者の2人に1人以上が所有するキラータイトルに――「ファミ通」調べ。

[ITmedia]

 任天堂が7月21日に発売した「Nintendo Switch」向けソフト「スプラトゥーン2(Splatoon 2)」が、発売3日間で67万本を販売し、Switch向けソフトの国内累計販売数でトップになった。KADOKAWAが運営するゲーム総合情報メディア「ファミ通」が7月26日発表した。

「スプラトゥーン2」がロケットスタート

 ダウンロードカード、本体同梱版「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」を含んだ数字(ダウンロード版の本数は含まない)。任天堂が26日に発表したSwitch本体の累計台数(17年6月時点)は国内112万台であるため、「スプラトゥーン2」はハード所有者の2人に1人以上が所有するキラータイトルとなった。

ハード所有者の2人に1人が所有(=任天堂決算資料より)

 ファミ通によると「スプラトゥーン2」の販売本数は、「Switch向けソフトの初週販売本数としては過去最高の出足。さらに累計販売本数においてもトップとなった」という。

 「スプラトゥーン2」は、累計151万本を売り上げたWii U向けソフト「スプラトゥーン」(15年5月発)の続編。Switch本体は品薄が続いており、本体の供給増とともに「スプラトゥーン2」も販売が拡大しそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集