ニュース
» 2017年07月28日 18時26分 UPDATE

大型店伸び悩みで店舗縮小:大塚家具、通期予想は63億円の最終赤字 特損29億円計上

大塚家具が、計約29億円の特別損失の計上と、業績予想の下方修正を発表した。

[ITmedia]

 大塚家具は7月28日、2017年12月期第2四半期(4〜6月)に、固定資産の減損損失として9億6200万円、店舗面積の縮小など「事業構造改善引当金」として19億4800万円の特別損失を計上すると発表した。

photo 特別損失の内容=開示資料より

 そのため、17年12月期上半期(1〜6月)の業績予想の売上高を従来予想の261億1900万円から213億8000万円に、営業損益を3億円の赤字から27億200万円の赤字に、純損益を3億1900万円の赤字から45億6700万円の赤字に下方修正する。

photo 17年12月期上半期の業績予想(修正版)=開示資料より

 同時に、通期の業績予想の売上高を従来予想の530億1900万円から428億1600万円に、営業損益を5億円の黒字から43億8300円の赤字に、純損益を3億6700万円の黒字から63億2000万円の赤字に下方修正する。

photo 17年12月期通期の業績予想(修正版)=開示資料より

 同社は新築まとめ買い依存度の高い大型店を中心に、来店客数や成約件数が伸び悩んだ影響で不振に陥っている。

 上半期の決算発表は8月4日に実施する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集