連載
» 2017年08月01日 08時15分 UPDATE

スピン経済の歩き方:「最近の政治家は“質”が落ちている」というのは大ウソだ (1/4)

政治家の不祥事が続いている。パワハラ議員がいたり、サッカーファンをののしる議員がいたり。このほかにもダメ政治家が世間をにぎわせているが、最近の政治家は本当に質が落ちているのか。いや、そうではなくて……。

[窪田順生,ITmedia]

スピン経済の歩き方:

 日本ではあまり馴染みがないが、海外では政治家や企業が自分に有利な情報操作を行うことを「スピンコントロール」と呼ぶ。企業戦略には実はこの「スピン」という視点が欠かすことができない。

 「情報操作」というと日本ではネガティブなイメージが強いが、ビジネスにおいて自社の商品やサービスの優位性を顧客や社会に伝えるのは当然だ。裏を返せばヒットしている商品や成功している企業は「スピン」がうまく機能をしている、と言えるのかもしれない。

 そこで、本連載では私たちが普段何気なく接している経済情報、企業のプロモーション、PRにいったいどのような狙いがあり、緻密な戦略があるのかという「スピン」に迫っていきたい。


 先日、あるワイドショーを見ていたら、コメンテーターとして出演しているマスコミの元政治部長さんが半笑いで、こんな感じのことをおっしゃっていた。

 「私はこれまで官邸や国会など政治取材を30年やってきましたけど、最近の政治家の質は本当に落ちてしまいましたね」

 言わずもがな、ここのところ世間をにぎわす「政治家スキャンダル」を受けての発言だ。

 「このハゲー!」なんて罵詈(ばり)雑言でパワハラをする国会議員が問題になったかと思いきや、ほどなくその方に負けないくらいの口の悪さでサッカーファンをののしる国会議員が世間の注目を集めた。

 不倫がバレて頭を丸めて、「生き恥をさらしても」と泣きながら議員という立場に執着している元・経済産業政務官もいれば、妻子持ちの地方議員と新幹線でベタベタして、2連泊しても「一線は越えてません」と言い張る元タレント議員もいる。

 「号泣議員」がすっかりかすんでしまうほど、キャラ立ちした「政治芸人」が次から次へと現れる今、元政治部長さんがおっしゃるとおりだ、と大きくうなずく方も多いだろう。

 ただ、この方を悪く言うつもりは毛頭ないが、飲み屋でおじさんたちが「最近の若い奴はダメだよなあ」と愚痴り合っているのと同じ匂いがする。要するに「昔は今よりいい時代だった」という『三丁目の夕日』的な幻想にとらわれている可能性が高い。

 客観的に日本の近現代史を振り返ってみても、政治家の「質」が高かったと胸を張って言えるような時代は存在しないからだ。

 例えば、よく言われることだが戦前の政治家はメチャクチャで、愛人がいるのは当たり前、なかには、酒乱で不祥事連発、あげくの果てに妻を斬り殺したなんて醜聞が報道されても、「お友だち」である大久保利通が必死にかばって、内閣総理大臣までのぼりつめた黒田清隆なんて人もいる。汚職もわりとスタンダードで、「政商」という言葉が生まれたように、財閥系企業とくっ付いた利益供与や口利きは、当時の政治家の「なりわい」だった。

最近の政治家は本当に質が落ちたのか(出典:新潮社)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集