ニュース
» 2017年08月02日 17時11分 UPDATE

アニメ25周年を記念:「幽白」蔵馬のトリートメント バンダイが発売のワケ

バンダイが、1990年代に人気を博した漫画「幽遊白書」の人気キャラクター・蔵馬をモチーフにしたアウトバストリートメントの予約受付を開始した。テレビアニメ化25周年などが開発の理由という。【訂正】

[ITmedia]

 バンダイは8月2日、1990年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載していた漫画「幽遊白書」の人気キャラクター、蔵馬をモチーフにしたヘアケア用品「蔵馬のヘアトリートメントオイル」の予約受付を開始した。同タイトルがテレビアニメ化25周年を迎えたことが商品化のきっかけで、20〜40代の幽遊白書ファンの女性が主なターゲットだ。

photo 「蔵馬のヘアトリートメントオイル」

 予約は同社のインターネット通販(EC)サイト「プレミアムバンダイ」上で受け付け、12月の発送を予定している。

 トリートメントの外箱とボトルに、同タイトルのアニメ制作を手掛けた「ぴえろ」(東京都三鷹市)のアニメーターが書き下ろした蔵馬のオリジナルイラストを使用している。

 バンダイの製品開発担当者は「アニメで敵キャラクター『鴉(からす)』が蔵馬に言った名ぜりふ『少々髪が傷んでいる、トリートメントはしているか』も開発のヒントとなった」と話す。

【訂正:2017年8月3日午前10時48分 初出でせりふに関する記述にミスがあり、該当箇所を修正しました】

photo 名ぜりふも開発のきっかけ

 室内でも使用できるアウトバストリートメント。成分にもこだわり、ハイブリットローズ花エキス、ローズヒップ油、ツバキ油などの保湿成分や毛髪保護成分を配合。製造を国内のヘア商品メーカーに委託し、高品質化を実現したという。

 1本当たり100ミリリットル入りで、価格は3132円(税込)。

photo 主な成分と付録

 開発担当者は「せっかくのキャラクター商品なので、良いものをじっくり使ってほしいと考え、ドラッグストアなどで販売している低価格帯のトリートメントと差別化を図った」と説明。

 「連載時・アニメ放映時を知る古くからのファンと、ゲームアプリなどをきっかけに同タイトルを知った新しいファンの両方に手に取ってもらいたい」(同)と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集