ニュース
» 2017年08月22日 13時02分 UPDATE

被害報告はなし:HISで個人情報1万人超流出 サイト刷新時のミスが原因

HISが首都圏向け国内バスツアーサイト経由でツアーを申し込んだ顧客1万1975人分の個人情報が流出したと発表。

[ITmedia]

 旅行大手のエイチ・アイ・エスは8月22日、首都圏向け国内バスツアーサイト経由でツアーを申し込んだ顧客1万1975人分の個人情報が流出したと発表した。8月に実施したサイトリニューアル作業時に、誤って顧客の予約データを外部から閲覧・入手可能な状態にしたため、第三者によって個人情報を含むデータがダウンロードされたという。

photo 個人情報が流出したWebサイト

 流出したのは、2017年3月18日午後4時3分〜7月27日午後5時30分の期間中に予約サイトを利用し、8月1日〜12月31日に首都圏を出発するバスツアーに申し込んだ顧客の情報で、氏名、性別、年齢、メールアドレス、住所など。クレジットカード番号や金融機関の口座情報は含まれていない。現時点では、個人情報の悪用による被害報告はないという。

photo 問題の原因と発覚の経緯

 相談窓口を設置し、個人情報が流出した顧客への対応を図っていく。事件の概要を観光庁や個人情報保護委員会、プライバシーマーク(Pマーク)運用機関の日本情報経済社会推進協会、新宿署などに報告済みという。

photo 流出した個人情報の詳細

 HISは「今後は、内外のチェック体制の厳格化、システム開発管理体制の強化、情報システム部門のスタッフに対する研修などを実施し、再発防止に努めたい」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集