ニュース
» 2017年09月04日 13時08分 公開

最新モデルと交換:ユピテル、ドライブレコーダー発火で8万5000台回収

車載機器メーカーのユピテルが、同社が販売したドライブレコーダー「DRY-FH200」約8万5000台を回収すると発表。

[ITmedia]

 車載機器メーカーのユピテル(東京都港区)は9月4日、同社が販売したドライブレコーダー「DRY-FH200」約8万5000台を回収すると発表した。同製品に内蔵されているリチウム充電池が原因で、発煙・発火に至る可能性があるという。

 消費者庁によると、5月に2件、同製品と周辺が焼ける火災が起きた。原因は調査中という。

photo 火災が起きたというドライブレコーダー「DRY-FH200」
photo
photo 事故の概要(消費者庁の発表資料より)

 DRY-FH200は、2012年10月〜13年8月に販売した、フロントガラスに装着するタイプのドライブレコーダー。現在は販売を終了している。

 対象製品ユーザーは、専用の受付窓口に申請することで、今月発売の新型「DRY-ST1000c」への無償交換が受けられる。

photo DRY-ST1000cの概要

 ユピテルは、公式サイト上でDRY-FH200の取り外し方法DRY-ST1000cの取り付け方法を公開し、周知を図っている。

photo DRY-FH200の取り外し方法
photo DRY-ST1000cの取り付け方法

 同社は「火災の原因は現在調査中だが、事故防止に万全を期すため回収を行う」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集