ニュース
» 2017年09月07日 16時13分 公開

エンジン停止、部品脱落の恐れ:SUBARU「サンバー」62万台リコール

SUBARUが軽商用車「サンバー」約62万台をリコール。

[ITmedia]

 SUBARUは9月7日、軽商用車「サンバー」でエンジンが停止する恐れのある不具合が見つかったとして、1999年1月〜2008年2月に製造した62万2348台のリコールを国土交通省に届け出た。

photo リコール対象箇所=国交省のニュースリリースより

 エンジンの防振ゴム付きクランクプーリーの構造が不適切なため、クランクプーリー本体と防振ゴム部の接着面が剥離するものがあるという。この場合、クランクプーリーのリング部が空転するか外れてしまい、発電機が作動しなくなり、エンジンが停止するおそれがあるという。また、部品が脱落することで交通を妨げるおそれもある。

 国土交通省によると、403件の不具合が報告され、1件の事故が起きたという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集