ニュース
» 2017年09月22日 18時44分 公開

自己申告で判明:元代表取締役が1億円着服か JASDAQ上場企業で発覚

JASDAQ上場企業の元代表取締役が、約1億円を不正に受領していた疑いが発覚。

[ITmedia]

 携帯電話ショップの予約サイトなどを運営する、東証JASDAQ上場のINEST(東京都豊島区)は9月22日、元代表取締役が計約1億円を不正に受領していた疑いが発覚したと発表した。

 同日付で伊奈聰代表取締役社長から辞任届が提出され、退任した。

photo INESTの公式サイト

 同社によると、元代表取締役は2012年ごろから、同社と子会社が取引先に支払った金銭の一部、計約1億円を受領していたと、本人が自己申告したという。

 社内調査を開始しており、内部調査委員会が1カ月ほどかけて調べ、結果を報告するとしている。元代表取締役は調査に全面的に協力すると表明し、既に現金6000万円を預け入れているという。元代表取締役への法的措置は内部調査委による調査結果を踏まえて検討するとしている。

photo INESTによる発表
photo 代表取締役の退任人事

 INESTは1996年に「ベンチャー・リンクコミュニケーションズ」として設立され、05年に「ユニバーサルソリューションシステムズ」に社名変更し、JASDAQに上場。16年に現社名に変更した。携帯ショップの予約サイト「モバイル総合ナビ」などを運営するほか、傘下に宿泊予約サービスのベストリザーブなどを抱える。17年3月期の売上高は28億8300万円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集