ニュース
» 2017年09月26日 17時09分 公開

JASDAQに上場:フィギュアのコトブキヤ、初値は公開価格の約1.3倍

フィギュア・ホビー製造販売の壽屋(コトブキヤ)が東証JASDAQスタンダードに新規上場した。初日は公開価格を上回る水準で推移した。

[ITmedia]

 9月26日の株式市場で、フィギュアなどを製造販売する壽屋(コトブキヤ)が東証JASDAQスタンダードに新規上場した。取引開始から約1時間後の午前9時59分に取引が成立し、公開価格(2000円)を32.5%上回る2650円の初値を付けた。

 午前10時13分には2990円を付ける場面があり、その後も公開価格を上回る水準で推移。終値は公開価格を40%上回る2800円だった。

photo 壽屋の株価の推移(=Yahoo!ファイナンスより)

 壽屋は、自社製品の製造・販売事業と他社製品の小売事業を展開。自社で制作したTVアニメ「フレームアームズ・ガール」(TOKYO MXなど)に登場するキャラクターのフィギュアや、人気映画「STAR WARS(スター・ウォーズ)」関連グッズなど、多岐にわたる商品を販売している。

photo 壽屋の公式サイト

 2017年6月期の業績は、売上高が80億800万円、営業利益が4億7200万円、純利益が2億5100万円。18年6月期は、売上高が83億6800万円(前期比4.5%増)、営業利益が6億3400万円(34.2%増)、純利益が3億5800万円(42.5%増)を見込んでいる。

photo 壽屋の業績

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集