ニュース
» 2017年10月11日 17時00分 公開

「管理体制を改善した」:東証、東芝の「特設注意市場銘柄」指定を解除

東証が、東芝株式の「特設注意市場銘柄」指定を解除すると発表した。

[ITmedia]

 東京証券取引所は10月11日、東芝株式の「特設注意市場銘柄」指定を12日付で解除すると発表した。「内部管理体制などについて、相応の改善がなされたと認められたため」という。

photo 東芝株式の「特設注意市場銘柄」指定が12日付で解除される

 東証は、2015年に東芝で不正会計が発覚したことを踏まえ、同年9月に東芝を特設注意市場銘柄に指定。16年は、東芝の内部管理体制確認書を確認した結果、さらなる改善が必要と判断して指定解除を見送っていた。

 今回は、17年3月に東芝から再提出された内部管理体制確認書を確認した結果、(1)ガバナンスの改善、(2)意思決定プロセスの見直し、(3)適正な情報開示体制の構築、(4)子会社の管理体制の強化――といった施策を講じていることが認められたため、指定解除を決めたとしている。

photo 東芝が改善した内容(=東証の「マーケットニュース」ページより)

 ただ、東芝は債務超過に関する上場廃止基準にも抵触しており、現在は猶予期間中。18年3月期末に債務超過を解消できなければ、今回の審査結果にかかわらず上場廃止となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集