調査リポート
» 2017年10月20日 16時50分 公開

社会人経験15年以上には「効果薄し」?:中小企業の「働き方改革」効果、世代間でギャップあり

「働き方改革」は大企業だけのものではなく、中小企業も取り組みを始めている。しかし、その効果の実感は世代間でギャップがあるようだ――ワークスモバイルジャパン調べ。

[ITmedia]

 ビジネスチャットサービス「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンは10月19日、中小企業の働き方改革に関する調査結果を発表した。中小企業の約4割が働き方改革に取り組んでいるものの、世代によって効果の実感が異なる“世代間ギャップ”が明らかになった。

 中小企業が働き方改革に取り組む目的の1位は「長時間労働の是正」(66%)。「社員のスキルアップ」(39.6%)、「労働生産性の向上」(32.8%)、「社員間コミュニケーションの円滑化」(31.3%)――と続く。

中小企業が働き方改革で目指すもの

 具体的に取り組んでいる内容は、「時間外労働の上限設定」(46%)、「社員のスキルアップ施策」(31%)、「(朝方勤務、時短勤務、フレックスタイムなどの)多様な勤務時間の導入」(26.1%)などが挙がった。改革のために導入したITツールは、メールや電話以外のコミュニケーションツール、営業管理・支援ツール、テレビ会議システム――が上位に並ぶ。

具体的に取り組んでいる内容

 ただ、効果の実感は大きく分かれ、「効果を実感している」「効果がないと感じる」「どちらでもない」がおよそ3分の1ずつという結果に。実感は世代によって傾向が異なり、「効果を実感している」と答えた割合は社会人経験3年以上5年未満の社員では4割強だったのに対し、社会人経験15年以上は15%を下回った。

効果の実感は分かれる結果に
世代間でギャップ

 9月15日〜10月2日、18〜59歳の中小企業の正社員を対象にインターネット調査を行い、825人の回答を得た。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集