ニュース
» 2017年10月24日 12時26分 公開

「スカッとゴルフ パンヤ」など:「ゲームポット」消滅へ かつて上場、人気ゲームも運営

GMOインターネットが、オンラインゲーム運営のGMOゲームポットを12月1日付で吸収合併すると発表。GMOゲームポットは2001年に創業後、複数の企業への傘下入りを経て事業を続けていたが、ついに消滅。

[ITmedia]

 GMOインターネットは10月23日、オンラインゲーム子会社GMOゲームポットを12月1日付で吸収合併すると発表した。合併でGMOゲームポットは消滅する。ゲーム事業の不振を脱却するための組織再編の一環という。

photo GMOゲームポットの公式サイト

 GMOゲームポットは「ゲームポット」として2001年に創業後、オンラインゴルフゲーム「スカッとゴルフ パンヤ」などの人気タイトルを展開し、05年には札幌証券取引所アンビシャスに上場。ソネットエンタテインメントなど複数の企業の傘下を経て13年にGMOグループに入り、現社名に変更していた。

photo 「スカッとゴルフ パンヤ」のサイト

 GMOインターネットは当時、子会社化の狙いを「ゲームポットがPC向けオンラインゲーム事業で蓄積した開発力・運営力・顧客基盤を生かし、ゲーム事業を拡大するため」と説明していた。

 GMOゲームポットのほか、スマートフォン向けゲームを手掛ける「GMOゲームセンター」「シンクラウド」の2社も同時に吸収合併する。

photo GMOインターネットによる発表

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集