ニュース
» 2017年10月31日 17時52分 公開

タコグラフとドラレコ一体化:ヤマト運輸、全車両にIoT端末導入 安全管理に生かす

ヤマト運輸が、2018年11月から全車両にIoT端末を導入する。幅広い運行データを収集・分析することで、事故の防止やドライバー教育につなげるという。

[ITmedia]

 ヤマト運輸は10月31日、2018年11月からIoT(モノのインターネット)の技術を活用した安全管理システムを導入すると発表した。日立製作所と共同開発した車載端末を全ての集配車両約3万6000台に搭載し、幅広い運行データを収集・分析することで、事故の防止やドライバー教育につなげる。

 新たな車載端末は、デジタルタコグラフとドライブレコーダーを一体化。これまで異なる機器を併用して取得していた速度、駐車位置情報、走行時の映像、走行軌跡――などの運行データを一度に取得できるのが特徴だ。

photo 安全管理システムの仕組み

 取得したデータは、リアルタイムでクラウドに転送して集積、分析することで、地域ごとのドライバーの運転特性を把握し、1人1人に応じた未然防止型の運転指導などに活用する。

 将来は、車両の故障の予兆を診断して整備を効率化するシステムの構築や、データを生かした自治体や外部企業との連携など、新たな高付加価値ビジネスの創出も視野に入れているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集