ニュース
» 2017年11月01日 11時33分 公開

新たな姿に:ソニー、新型「aibo」発売へ 犬型ロボットが復活 (1/2)

ソニーは、エンターテインメントロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売する。

[ITmedia]

 ソニーは11月1日、エンターテインメントロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売すると発表した。ソニーストア販売価格は19万8000円(税別)。1999年に初代を発売した犬型ロボット「AIBO」が新しい姿で復活した。

photo 新たに誕生した「aibo」(ERS-1000)
photo よりリアルな犬の姿になった
photo かつてのAIBO(最終型ERS-7M3)

 自律型ロボットとして、家庭で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発したという。「自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることを目指す」としている。

 クラウドと連携する独自のAI(人工知能)を採用。呼びかけを待つだけではなく、自らオーナーに働きかけ、優しい言葉や笑顔を認識したり、頭などをなでられたりすることで、オーナーが喜んでくれることを「けなげに学んでいく」という。目には感情を表す有機ELディスプレイを搭載するほか、耳やしっぽ、関節など22軸の自由度により、さまざまな表現が可能になっている。

photo 「アイボーン」で遊ぶこともできる

 aiboが取得したデータの画像、音声の認識・解析にはソニーが培ったディープラーニング技術を活用。魚眼カメラによる地図作成(SLAM)技術も搭載し、オーナーに寄り添った生活を実現するという。

 SIMカードスロットを搭載し、通信機能も内蔵。このため、aiboの利用には「ベーシックプラン」(3年間、一括9万円か月額2980円)への加入が必要になる。

 立ち姿勢時のサイズは180(幅)×293(高さ)×305(奥行き)ミリ、重さ約2.2キロ。約3時間の充電で2時間の連続稼働が可能だ。

 専用スマートフォンアプリで設定管理や写真の閲覧などが行えるほか、aiboが遊ぶ専用アクセサリー「アイボーン」(税別2980円)も発売する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集