ニュース
» 2017年11月01日 19時10分 公開

ハーパーコリンズ・ジャパンが創刊:新ボカロレーベル創刊 ヒット曲の小説・漫画を電子配信

ハーパーコリンズ・ジャパンが電子配信レーベル「キャラクター・ボーカル・ノベル」「キャラクター・ボーカル・コミック」を創刊。ボーカロイド楽曲のノベライズ・コミカライズを電子書籍として配信する。第1弾は小説版「悪ノ娘」。

[ITmedia]

 翻訳小説などを展開する出版社ハーパーコリンズ・ジャパンは11月2日、電子配信レーベル「キャラクター・ボーカル・ノベル」「キャラクター・ボーカル・コミック」を創刊する。「初音ミク」や「鏡音リン・レン」などの音声合成ソフトウェア(ボーカロイド)が使用された楽曲のノベライズやコミカライズ作品を電子書籍として配信する。

電子配信レーベルをハーパーコリンズ・ジャパンが創刊

 ターゲットは20〜30代男女。新レーベル第1弾として配信するのは、再生数250万回を超える楽曲「悪ノ娘」に基づいた「悪ノ娘 黄のクロアテュール」「COMIC 悪ノ娘 第一幕」。今後は「桜ノ雨」「囚人と紙飛行機」「秘蜜」「秘密警察」などの作品を予定する。

 ボーカロイドの楽曲を題材とした作品は、PHP研究所「VG文庫」やエンターブレイン「KCG文庫」などさまざまなレーベルから出版されている。ハーパーコリンズ・ジャパンはこうしたコンテンツを、紙の書籍版よりも低価格の600円(税別)で電子配信していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集