ニュース
» 2017年11月07日 16時13分 公開

御影石で舗装:JR東京駅前「丸の内駅前広場」12月オープン

JR東日本が、JR東京駅 丸の内駅舎前に整備を進めていた「丸の内駅前広場」を12月7日にオープンすると発表。

[ITmedia]

 JR東日本は11月7日、JR東京駅 丸の内駅舎(東京都千代田区)の駅前に整備を進めていた「丸の内駅前広場」を12月7日にオープンすると発表した。「重要文化財に指定されている丸の内駅舎とともに、歴史と文化が感じられる丸の内地区を象徴する空間となる」という。

 丸の内駅前広場は、中央に配置した歩行者向けの「丸の内中央広場」と、南北両側に配置した「交通広場」で構成される。

photo 丸の内駅前広場の全体像

 丸の内中央広場の広さは約6500平方メートル。隣接する「行幸通り」とのデザインの統一を図り、白を基調とした御影石で舗装した。ケヤキを列植して緑豊かな景観を創出したほか、ケヤキ盆栽と並行してデザイン性の高い3灯式のポール照明も配置。「明るすぎない照明で、ライトアップされる丸の内駅舎を際立たせる」という。

photo 丸の内中央広場
photo ケヤキ植樹とポール

 約1200平方メートルの芝生も敷いた。夏場は水深約5ミリ程度の水を張り、路面の温度上昇を抑制する。

 交通広場は北部が約5900平方メートル、南部が約6300平方メートル。従来は広場内を横切っていた都道を広場外周に再整備したほか、路線バスやタクシーの乗り場を設け、交通面の利便性を高めた。

 丸の内中央広場と同様、歩道部には御影石で舗装。サクラやモミジなど日本の四季を彩る木々を植え、換気塔などの設備をグレー調に塗装するなど景観にも配慮したとしている。

photo 構造の変更点

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集