ニュース
» 2017年11月09日 15時11分 公開

「ちーがーうーだーろー!」も:流行語大賞候補を発表 「うんこ漢字ドリル」など30語

「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語がノミネート。「うんこ漢字ドリル」「ちーがーうーだーろー!」などが含まれた。

[ITmedia]

 自由国民社とユーキャン新語・流行語大賞事務局は11月9日、「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補となる30語をノミネートした。

 1年間に話題となった言葉の中から、世相を軽妙に表現しつつ大衆をにぎわせたものを選ぶ企画で、1984年から続いている。

17年のノミネート語は?

 17年は「うんこ漢字ドリル」「うつヌケ」「ハンドスピナー」「AIスピーカー」など、話題を呼んだ書籍や製品の名前が目立った。

photo 大人気となった「うんこ漢字ドリル」

 豊田真由子元衆議院議員が秘書に言い放った「ちーがーうーだーろー!」のほか、「忖度(そんたく)」「〇〇ファースト」など政治関係の言葉も多かった。

 お笑い分野では、ブルゾンちえみさんの「35億」、サンシャイン池崎さんの「空前絶後の」が選出。ビジネス分野では「プレミアムフライデー」「働き方改革」がノミネート。「ひふみん」「藤井フィーバー」など、将棋界の人気棋士にまつわる言葉も含まれた。

photo 「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語

 年間大賞とトップテンは、12月1日午後5時に発表される。

16年は「神ってる」が年間大賞

 16年の年間大賞は、プロ野球・広島東洋カープの緒方孝市監督がインタビュー時に発した「神ってる」が受賞。「聖地巡礼」「ゲス不倫」「トランプ現象」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」などがトップテン入りを果たした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集