ニュース
» 2017年11月21日 16時57分 公開

「闘将ダイモス」式の操縦システム:トヨタ、新型ロボット「TH-3」発表 しなやかな動き実現 (1/2)

トヨタが新型ヒューマノイド(人間型)ロボット「T-HR3」を発表。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は11月21日、新型ヒューマノイド(人間型)ロボット「T-HR3」を発表した。人間が装着する専用の操縦システムを備え、操縦者はロボットにかかる力を感じながら、同じ動きをロボットにさせることができる。

 トヨタのヒューマノイドロボットとしては第3世代に当たり、家庭や医療機関など様々な場面で人間をサポートするパートナーロボットを目指した。

photo マスター操縦システムとT-HR3

 高さ154センチのロボット本体と、人間が乗り込んでコントローラーを両腕と両足に装着する形の操縦システムで構成。操縦者は、ロボットのカメラからの映像をヘッドマウントディスプレイ(HMD)で見ながら、実際に腕と足を動かすことでロボットを操作できる。

 核になる技術が「トルクサーボモジュール」だ。トルクセンサーとモーター、減速機などで構成し、動作の際にトルクを感知し、必要なトルクを出力するようモーターを制御する。ロボットの関節を柔軟に制御することで、周囲との接触で受ける力をやわらかく受け流し、しなやかな動きを実現できるという。

 トルクを操縦システムにも出力することで、操縦者はトルクの感覚のフィードバックを受けながら操作することができるようにした。

 トルクサーボモジュールは多摩川精機、日本電産コパル電子と共同開発した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集