ニュース
» 2017年11月27日 11時52分 公開

スマホで撮影、すぐに査定:メルカリ、即時買い取りサービスに参入 「メルカリNOW」スタート

フリマアプリのメルカリが、不要品をすぐに現金化できる即時買取サービス「メルカリNOW」を開始。

[ITmedia]

 フリマアプリのメルカリは11月27日、不要品をすぐに現金化できる即時買い取りサービス「メルカリNOW」を同日正午に始めると発表した。ユーザーは出品物のブランドと状態を選択し、スマートフォンのカメラで撮影するだけで、査定金額の提示が受けられる。了承した場合は、その場で売上金がフリマアプリ「メルカリ」のアカウントに反映される仕組みだ。

photo メルカリが即時買い取りサービスに参入

 フリマ以外の選択肢を提示することで、これまでアプローチできなかったユーザー層を獲得する狙い。出品物を査定する際はメルカリの過去の膨大な取引データを参考にするため、ユーザーに納得感とスピード感を提供できるとしている。

photo メルカリとメルカリNOWの違い

 メルカリ傘下のソウゾウがサービスを運営する。買い取り金額の上限は1アイテム当たり2万円、全ユーザー合計で1日当たり1000万円。買い取り金額が上限に達した場合、その日のサービスは終了となる。買取金額の合計値は毎日午前10時にリセットされる。

 当初は買い取り対象をアパレル用品に限定し、ユーザーの利用状況をみながら拡大する予定。換金された出品物は、ソウゾウが2週間以内に集荷する。

photo メルカリNOWの仕組み

 取引の際は(1)初めてメルカリNOWを利用するユーザーに本人確認書類のアップロードを義務付ける、(2)査定時にスマホのカメラロールに保存された写真の使用を禁じる――といった規制を設け、盗難品の現金化や詐欺などを防止するとしている。

photo 規制の内容

 即時買い取りでは、先行するアプリ「CASH」を最近、DMM.comが70億円で買収したことで話題になった。DMMは、自社のサービス基盤や人材、資本などを活用し、CASHの「圧倒的な拡大成長を目指す」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集