ニュース
» 2017年11月30日 17時55分 公開

池袋駅の4カ所で実施:駅トイレの空き状況、アプリで 東京メトロが実験

東京メトロが、公式アプリ上で個室トイレの空き状況が分かる「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を池袋駅で行うと発表。

[ITmedia]

 東京地下鉄(東京メトロ)は12月1日から、駅の個室トイレの空き状況がスマートフォンアプリから分かる「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を池袋駅(東京・豊島区)で行う。

photo アプリの画面イメージ

 丸ノ内線、有楽町線、副都心線が通り、東京メトロ管轄内で乗降人数が最も多い池袋駅で実験を行う。各路線の改札近辺のトイレ3カ所と、商業施設「Echika池袋」内の有料トイレ1カ所の個室にセンサーを設置し、ドアの開閉状況を検知する。個室外の通信機器を介してデータをサーバに集約し、アプリに反映する仕組みだ。

photo 実施場所

 ユーザーが東京メトロ公式アプリから「トイレ空室状況」ボタンをタップすると、空室状況がリアルタイムで表示される。「場所の確認」ボタンを選択すると、駅構内図と空いているトイレの場所を確認できる。

 2018年2月末まで実施し、ユーザーの利用状況を踏まえてサービス拡大を検討する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集