ニュース
» 2017年12月18日 14時19分 公開

エンジン車のみはゼロに:トヨタ、全車種で電動車導入へ 25年までに

トヨタは2025年までに、世界で販売する全車種を、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)などの電動車専用車種か、電動グレード設定車にすると発表した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は12月18日、2025年までに、世界で販売する全車種を、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)などの電動車専用車種か、電動グレード設定車にすると発表した。エンジン車のみの車種はゼロにする。

photo 超高級車「センチュリー」の新型もV12エンジンを廃止し、5リッターV8エンジンと組み合わせるハイブリッドシステムを採用=10月の東京モーターショー
photo トヨタが披露したハイブリッドスポーツカーのコンセプトモデル=10月の東京モーターショー

 EVは2020年以降、中国を皮切りに導入を加速。20年代前半には世界で10車種以上に拡大。HVもハイブリッドシステム(THS II)の高性能化や、ハイパワー型、簡易型など多様化し、ラインアップを拡充。2030年に電動車の販売550万台以上、EV・燃料電池車(FCV)は100万台以上を目指す。

 トヨタは「プリウス」をはじめ、累計1100万台の電動車を販売。20年代前半の実用化を目指す全固体電池の開発を進めているほか、パナソニックと車載用角形電池で協業を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -