ニュース
» 2017年12月20日 17時54分 公開

「Project ANIMA(アニマ)」:DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ制作 「才能」募る

DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ作品プロジェクト「Project ANIMA」を始動。アニメの原作・原案を公募し、TVアニメ化する。第1弾のテーマは「SF・ロボット」で、サテライトの河森正治さんが監督を務める。

[青柳美帆子,ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)、創通、文化放送は12月20日、3社共同のオリジナルアニメ作品プロジェクト「Project ANIMA(アニマ)」をスタートすると発表した。2020年の放送期をめどに、TVアニメ3本の制作を目指す。

ディー・エヌ・エー(DeNA)、創通、文化放送がオリジナルアニメ作品プロジェクト「Project ANIMA」を始動

 DeNAグループが運営する小説投稿プラットフォーム「エブリスタ」やマンガアプリ「マンガボックス」を活用し、アニメの原作・原案を公募。小説、脚本、マンガ原稿、ネーム、イラスト、動画などさまざまなフォーマットで受け付け、プロジェクトチーム3社と制作会社が合同で審査し、選出作品をTVアニメ化する。入賞作品の書籍化、コミック化、ゲーム化なども検討する。

 DeNAは応募プラットフォーム運営、創通は権利運用、文化放送はオリジナルラジオ番組の展開やプロモーションを主に担い、「3社の得意分野を生かす」(DeNAの安江亮IPプラットフォーム事業部長)という。アニメの制作費は3社で案分する。

プロジェクトのキービジュアルは「クズの本懐」の横槍メンゴさんが描き下ろした

 第1弾として18年2月1日から、「SF・ロボットアニメ部門」の作品を募集する。制作会社は「マクロスF」などを手掛けたサテライトで、監督は河森正治さんが務める。募集は4月15日まで。

 第2弾は「異世界・ファンタジー」でJ.C.STAFF、第3弾は動画工房(テーマは後日発表)が制作を担当する。

 DeNAの安江さんは「次世代を担うクリエイターとともに、20年代のアニメファンにささげるオリジナル作品を作っていきたい。また、若手クリエイターの発掘につなげたい」と話す。創通の難波秀行 企画営業本部長も「2兆円を超えたアニメ産業を維持・発展させるためにも、若手や新しいクリエイターが活躍できる場所を供給することは必要」とプロジェクトに期待をかけた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集