ニュース
» 2017年12月27日 10時58分 公開

限定1セット:福袋でプロポーズをお手伝い サンクゼールが発売

ワイン製造のサンクゼールは2018年1月2日から「コト消費」に特化した福袋を販売する。

[ITmedia]

 ワインなどを製造・販売するサンクゼール(長野県飯綱町)は2018年1月2日から「コト消費」に特化した福袋を販売する。「サプライズプロポーズ」や「プレミアム田舎体験」といった福袋をサンクゼール・ワイナリー本店と、St.Cousair wine&grocery GINZA SIX店の2店舗限定で発売する。

通常価格なら44万円を超える「サプライズプロポーズ」福袋などを販売する 通常価格なら44万円を超える「サプライズプロポーズ」福袋などを販売する

 サプライズプロポーズ福袋は、飯綱町のサンクゼールの丘でチャペルとレストランを貸し切り、購入者の希望に沿ったプロポーズを手伝うというもの。価格は10万円(税別)で、限定1セット。内容はレストランとチャペルの貸切料、ワイナリーレストラン・サンクゼール コース料理2人分、グラスワインセット1人分、花束、音響・プロジェクター演出、ウェディング成約で10万円割り引くサービスなど。通常なら44万円以上に相当するという。

 そのほか、オリジナルラベルワイン作り(4万円)、地下ワインセラーでのランチ(2万円)、サンクゼールの丘&ワイナリーの1日体験(1万円)の福袋を提供する。

 同社商品を詰め合わせた「モノ消費」の福袋は、例年通り「サンクゼール」および「久世福商店」全店で販売する。

プレミアム福袋(6725円相当を5400円で販売) プレミアム福袋(6725円相当を5400円で販売)

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集