ニュース
» 2017年12月27日 13時17分 公開

僅差の外れは問題ないと判断:東レ、データ改ざん問題の報告書公表 「経営者は品質保証への関心薄い」

東レが、子会社が製品検査データを改ざんしていた問題に関する調査報告書の内容を公表。品質保証に関する経営者の関心が薄かった点などが不正の背景にあるという。

[ITmedia]

 東レは12月27日、子会社の東レハイブリッドコード(THC)が製品検査データを改ざんしていた問題に関して、有識者委員会がまとめた調査報告書の内容を公表した。THCはタイヤコードや自動車用ホースなどの製品において、顧客と取り決めた規格から外れたデータ149件を適合した数値に書き換えていた。

photo 東レハイブリッドコード(THC)の公式Webサイト

 不正が起きた背景について、報告書は(1)品質保証に関する経営者の関心が薄かった、(2)品質保証室の独立性が高く、上層部や他部署との関係が希薄だった、(3)品質保証室が人手不足に陥っていた――などを指摘している。

 報告書によると、データ改ざんに関与したのは2008年4月〜11年12月末と12年1月〜16年9月末に品質保証室長を務めた2人。

 検査業務中、測定装置の劣化によって異常値を示すケースがあったが、品質保証室長は部品調達の都合上、修理すると納期に間に合わないと判断。「僅差の外れについては品質に問題はない」とし、データを書き換えていたという。

 東レは「関係の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを、改めて深くおわびする」と謝罪。今後は品質保証におけるコンプライアンスの強化などを徹底し、再発防止に努めるとしている。

photo 東レの今後の対応(=プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集