ニュース
» 2018年01月16日 15時15分 公開

健康関連食品で3800億円を目指す:ローソン、“低糖質メニュー”を充実させた実験店舗オープン

ローソンは実証実験として、糖質を抑えたロカボメニューを充実させた店舗を東京都・丸の内にオープンした。商品開発などに生かし、健康関連商品を拡大していく計画だ。

[ITmedia]

 ローソンは1月16日、実証実験として糖質を抑えた“ロカボメニュー”を充実させた店舗を都内の丸の内にオープンした。営業期間は2月25日までで、実証実験の結果を受けて、今後の商品開発などに役立てていくという。

photo ロカボメニュー充実させた店舗を東京都・丸の内に期間限定でオープン

 ロカボは、北里研究所病院の糖尿病センター長、山田悟氏が提唱している糖質制限法。1回の食事で摂取する糖質量を20〜40グラム、1日で摂取する量を70〜130グラムに抑えることを推奨している。

 「お米、パン、麺などの主食を一切食べない糖質制限はストレスになる。一方、ロカボは緩やかな糖質制限。主食を食べながら肥満などを解消できる」(山田氏)という。

 実験店舗では、低糖質メニューなど約250種類の健康関連食品を取り扱い、それぞれのシーンに合わせたセットメニューを提案する。例えば、朝のセットは「ミックスサンド」(糖質量23.1グラム)+「グリーンスムージー」(同5.8グラム)+「味付けたまご」(同0.7グラム)。昼のセットは「蒸し鶏のサラダ」(同10.9グラム)+「ブランバターのスティック2本入り」(同17.2グラム)+「カフェラテ」(7グラム)といった具合だ。

photo 「ミックスサンド」「グリーンスムージー」「味付けたまご」のセット

 また、糖質を40グラム以下に抑えた商品のパッケージには「ロカボマーク」を記載し、糖質を控えたい利用者の購買をサポートする。

 ローソンの竹増貞信社長は「糖質制限をしようとしても、何を買えばいいかのかよく分からないという利用者が多かった。ロカボマークの記載がある商品は現在36品目だが、5月までに70品目に拡大する」と話した。

 ローソンのロカボメニューで人気なのが「ブランパン」だ。糖質の少ない穀物の外皮(ブラン)を生地に使っているため、小麦粉でつくる一般的なパンよりも約25グラムの糖質をカットしているという。

photo ブランを使ったさまざまな種類の低糖質パンを用意

 この他にも、砕いたカリフラワーをご飯の代わりにした「ご飯をつかわないキーマカレー」(同20.8グラム)など、糖質を抑えながらでも食事を楽しめる商品を用意した。

 「食事を楽しめないと続かない。今回の実証実験を通じて商品改良を続けながら健康関連商品を拡大していきたい。(同社の)健康関連商品の売り上げは現在は約3000億円だが、19年までに3800億円を目指す」(竹増社長)

photo 山田悟氏(左)、竹増貞信社長(中)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集