ニュース
» 2018年01月17日 12時55分 公開

ローソンなど導入:ドコモ、スマホのバーコード決済に参入 「d払い」4月にスタート

ドコモは、スマートフォンに表示させたバーコードを使って支払いを行える決済サービス「d払い」を4月に始める

[ITmedia]

 NTTドコモは1月17日、スマートフォンに表示させたバーコードを使って支払いを行える決済サービス「d払い」を4月に始めると発表した。毎月の携帯電話料金と合算して支払えるのが特徴。現時点でローソンなど10社、計約1万9000店で導入を予定しており、早期に10万店以上に拡大したい考えだ。

photo 「d払い」のイメージ

 専用アプリの画面にバーコードやQRコードを表示し、d払い加盟店のPOSレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスで支払える仕組み。

 料金支払いは携帯料金との合算のほか、クレジットカードでも行える。支払い額に応じ、200円につき1ポイントのdポイントを付与する。

 ローソン全店が今夏〜秋ごろの導入を予定するほか、マツモトキヨシホールディングス、ツルハホールディングス、ウエルシアホールディングスのドラッグストアなどが対応する予定。

 加盟店は市販タブレットと専用アプリを用意すれば決済に対応でき、POSレジ改修などの負担が不要だとしている。

photo 現時点の加盟店=ドコモのニュースリリースより

 スマホのバーコード決済では、現地で広く普及している中国の「Alipay(アリペイ)」が日本に上陸したほか、LINEの「LINE Pay」などが先行している。ドコモは携帯料金との合算で支払える利便性を武器に、ポイントサービス「dポイント」と組み合わせ、実店舗での買い物にも経済圏を拡大する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -