ニュース
» 2018年01月19日 12時07分 公開

取締役にミスラ・クラウレ両氏を派遣:ソフトバンク、Uberへの共同出資完了 計1兆円

ソフトバンクグループのUberへの共同出資が完了。出資額は計93億ドル(約1兆円)。取締役のラジーブ・ミスラ氏とマルセロ・クラウレ氏をUber取締役として派遣する。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループは1月19日、米配車大手のUber Technologiesへの出資が完了したことを明らかにした。複数の投資会社と共同で実施し、出資額は計93億ドル(約1兆円)。ソフトバンクの持ち株比率は約15%で、大株主になったとみられる。

photo ソフトバンクグループの孫正義社長(=11月撮影)

 ソフトバンクはUberに、テクノロジー分野に投資する10兆円規模のファンド「Softbank Vision Fund」のトップも務めるラジーブ・ミスラ取締役と、米携帯子会社Sprintのマルセロ・クラウレCEO(最高経営責任者)を取締役として派遣する。

photo Uberの公式Webサイト

 ソフトバンクは配車大手の中国Didi Chuxing(滴滴出行)やシンガポールのGrabにも出資しており、ライドシェアビジネスへの影響力を強めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -