ニュース
» 2018年01月29日 16時57分 公開

湯を切れば、そこはダムでした:日清、ダムデザインの「湯切りプレート」発売 U.F.O.調理で放流気分

日清食品が「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」を発売。ダムの画像が印刷されており、湯切りの際に放流する感覚を味わえるという。月山ダム 、小渋ダム 、苫田ダムの3基が登場する。

[ITmedia]

 日清食品は1月29日、「日清焼そば U.F.O.」調理時にカップに装着すると、「湯切り」の際に放流する感覚を味わえるアイテム「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」(税別200円)を発売した。

photo 「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」

 「面倒だと捉えられがちな、湯切りという行為を楽しくしたい」という。日清食品グループのEC(インターネット通販)サイトで購入できる。

 ダムの画像が印刷されており、月山ダム (山形県)、小渋ダム(長野県)、苫田ダム (岡山県)――の3基。脱サラしてダム巡りを始め、これまで600基のダムを制覇した“ダムマニア”こと宮島咲氏が、全国の計2700基のダムから「U.F.O.」の湯切り口と親和性が高いものを厳選したという。

photo 「日清焼そばU.F.O.ダム湯切りプレート」の種類

 国土交通省も協力し、空撮写真や立ち入り禁止の場所から撮影した写真を提供した。

 プレート装着のタイミングは、お湯を入れて3分待った後がベスト。プレートはプラスチック製のため、湯切り時の水しぶきにも耐えられるとしている。

photo 商品の使い方

 ただ日清食品は、「(湯切り中は)自分からは放流が見えないので、鏡を用意するように」とアドバイスしている。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集