ニュース
» 2018年02月13日 12時02分 公開

運行情報をリアルタイム提供:会津市内でスマートバス停の実証実験始まる

みちのりホールディングスや凸版印刷などは2月17日から会津若松市で次世代スマートバス停の実証実験を開始する。

[ITmedia]

 みちのりホールディングス、会津乗合自動車、凸版印刷、KDDIなどは2月17日から福島県会津若松市で次世代スマートバス停の実証実験を開始する。IoT(モノのインターネット)技術を活用してバスの運行情報などをリアルタイムに提供し、利用者の利便性を高める。

設置するスマートバス停のイメージ図 設置するスマートバス停のイメージ図

 2018年度は「神明通り」と「鶴ヶ城入口」の2カ所に設置。同スマートバス停は、電子ペーパーとLPWA(Low Power Wide Area:低消費電力で遠距離での通信を可能にする通信方式)無線技術を組み合わせたもので、従来のデジタルサイネージよりも安価に機器の設置が可能だという。

 バスの運行情報(接近情報や到着予想情報)のリアルタイム表示や、経路、時刻表、料金などの情報提供、外国人旅行客などに向けた多言語対応などが特徴。加えて、天気予報やライブカメラによる天候・道路情報、エリア掲示板、緊急時の避難情報配信の機能も持つ。

スマートバス停の画面表示イメージ(左)、QRコードに連動するWeb画面 スマートバス停の画面表示イメージ(左)、QRコードに連動するWeb画面

 運行エリア全体でスマートバス停が導入されれば、時刻表などの紙を張り替える必要なく遠隔から時刻更新や路線変更できるほか、バス停で管理する各種データを活用して新たなサービス開発も可能だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集