ニュース
» 2018年02月15日 13時04分 公開

日本通信と新会社設立:HIS、格安SIM参入を正式発表 海外でも安価にネット接続

HISが格安SIM市場に参入すると正式発表。MVNOとしてドコモ・ソフトバンクの回線を借り、安価なプランを提供する。海外でも安価にネットを利用できるサービスも始める。

[ITmedia]

 旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)は2月15日、日本通信と共同出資する新会社「H.I.S.Mobile」を設立し、格安SIM市場に参入すると発表した。新会社はMVNO(仮想移動体通信事業者)としてNTTドコモとソフトバンクの回線を借り、データ通信・通話を組み合わせた安価なプランを提供する。

photo HISが日本通信との合弁会社「H.I.S.Mobile」を設立

 訪日外国人や海外旅行好きが主なターゲット。SIMカードは、同日からHISの旅行予約サイトで販売する。HISの国内店舗や海外拠点でも取り扱う予定。

 具体的なプランは、好みに応じて500MB〜50GBの6段階からデータ容量を選択できる「きままベストチョイスプラン」(月額945円〜)、5分以内の通話が無料の「電話かけ放題プラン」(同)、従量課金制の「ネットピタットプラン」(月額990円)――など(価格は全て税別)。

photo プランの一例

 5月1日からは公式アプリ上の設定を変えるだけで、海外でも500円/日と安価にインターネットを利用できるサービスも始める。HISの旅行商品と組み合わせたプランも販売予定という。

 H.I.S.Mobileの資本金は5000万円。出資比率はHISが60%、日本通信が40%。社長には、HISの猪腰英知氏が就任する。日本通信はMVNE(MVNO支援事業者)として、技術基盤の構築・運用などのサポートを担う。

photo 新会社の強み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -