ニュース
» 2018年02月15日 16時43分 公開

運賃低減や所要時間短縮に:東京メトロ、「人形町〜水天宮前」「築地〜新富町」を乗換駅に設定

東京メトロが3月17日から日比谷線・都営浅草線の人形町駅〜半蔵門線の水天宮前駅、日比谷線の築地駅〜有楽町線の新富町駅を新たに乗換駅として設定。一部ルートの運賃低減や所要時間が短縮される。

[ITmedia]

 東京メトロは2月15日、日比谷線・都営浅草線の人形町駅〜半蔵門線の水天宮前駅、日比谷線の築地駅〜有楽町線の新富町駅を3月17日から新たに乗換駅として設定すると発表した。一部ルートの運賃低減や所要時間短縮につながるという。

新たに乗換駅として設定(赤丸は編集部加工)

 人形町〜水天宮前の乗換駅設定は、都営地下鉄と東京メトロのサービス一体化の取り組みとして実施する。日比谷線と半蔵門線間における初の乗換駅設定になるという。八丁堀駅から錦糸町駅に向かう場合、これまでは所要時間27分だったが、乗り換え回数が減るとともに約17分に短縮される。

 築地〜新富町も同様に、運賃低減や所要時間が短縮される区間があるという。

人形町〜水天宮前の乗り換えルート
築地〜新富町の乗り換えルート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -