ニュース
» 2018年02月23日 12時20分 公開

社名の由来は「あんた、バカー?」ではなく:カラーとドワンゴが新会社「バカー」設立 庵野監督、川上氏が取締役

カラーとドワンゴが新会社「バカー」を設立。代表取締役に斉藤大地氏、取締役にカラー社長の庵野秀明氏とドワンゴ取締役CTOの川上量生氏が就任する。会社名はギリシャ語で「詰め物」を意味する言葉から。

[ITmedia]

 カラーとドワンゴは2月23日、共同出資の新会社「バカー(βακα)」を設立したと発表した。代表取締役に斉藤大地氏、取締役にカラー社長の庵野秀明氏とドワンゴ取締役CTOの川上量生氏が就任する。インディーゲームを中心とした個人によるコンテンツ開発の支援と、メディアミックスなどを含む国内外へのコンテンツ展開を行うという。資本金は7000万円。

カラーとドワンゴが新会社「バカー」を設立

 新会社はインディーゲームを展開するサービス「電ファミニコゲームマガジン」のメンバーを中心に設立。同サービスではフリーゲーム「殺戮(さつりく)の天使」がヒット。関連書籍の累計発行部数が120万部突破、2月15日には中国で簡体字版がリリースされ、アニメ化も決定している。こうした個人発の作品開発を支援していくという。

「電ファミニコゲームマガジン」でヒットした「殺戮(さつりく)の天使」

 会社名はギリシャ語で「詰め物」を意味する言葉で、斉藤社長は「インターネットの登場以降、コンテンツを盛る容器の数・種類は爆発的に増えましたが、何を詰めるべきかは見えないままです。私たちはそれこそを考え続けます」とコメントしている。ネット上では社名に対し、取締役の庵野氏が監督を務めた「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラにちなんだ「あんたバカー?」という反応が投稿されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -