ビジたね
Special
» 2018年03月07日 10時00分 公開

マニュアル作成を自動化 テンダの「Dojo」で担当者の“働き方”が変わる

[PR/ITmedia]
PR

 多くの企業の情報システム部門や人事・総務部門にとって、社内ツールの操作マニュアルの作成は大きな負担の1つといえるだろう。操作手順を確認しながらフローチャートを作成したり、画面のキャプチャを撮ったり、Word・PowerPoint・HTMLといった出力形式に応じて内容を調整したり――。その業務内容は多岐にわたる。

 こうしたマニュアル作成業務を自動化し、担当者の負担を軽減するのが、テンダが開発したマニュアル自動作成ソフト「Dojo(ドージョー)」だ。「Dojo」は、社内ツールを普段通り操作するだけで、マウスやキーボードの操作、画面の状態変化などの工程を自動でキャプチャリングし、保存する機能を持つ。

 ツールの操作内容を取得し、説明文を自動生成することも可能。デジタルカメラやICレコーダーで撮影・録音した画像データ、ビデオ、音声データの取り込みにも対応する。

photo

 収集した各種素材は、「Dojo」が搭載するテンプレート機能で自由にアレンジ可能。マニュアルの分かりやすさをさらに高めることや、担当者によってバラバラだった品質・体裁を全社で統一することができるようになる。

 作成したマニュアルの出力形式は、Word、Excel、PowerPoint、PDFといったおなじみの文書形式のほか、HTML形式でのオンライン出力や、HTML5、DHTML、Flashといった動画形式での出力にも対応する。

 英語・中国語への自動変換にも対応するため、社内のニーズに応じて出力形式・言語を柔軟に変更することも可能だ(中国語はオプション機能)。

 「Dojo」は、すでに2400社の企業が導入。社内のヘルプデスク業務の効率化のほか、取引先への納品物の仕様確認書の作成などに利用している。とある導入企業では、作成工程を従来の98%削減したとの結果も出ている。そんな同ソフトは、マニュアル作成担当者の“心強い味方”になりそうだ。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の「ここがポイント」

「働き方改革」に対する世の中の意識が高まっている現在、マニュアル作成業務の効率化・迅速化は企業が取り組むべき課題の1つです。社内に欠かせない業務だけれども、時間がかかってしまう同業務をソフトウェアなどITツールの力を借りて簡略化するのは、時代の流れに沿った施策といえるでしょう。

アンケート実施中(締め切り:2018/3/20)

ITmedia ビジネスオンラインでは、本記事に関するアンケートを実施中です。

アンケート回答後、すでに2400社以上が活用し業務効率化と標準化を実現しているというマニュアル自動作成ツール「Dojo」の活用事例をダウンロードいただけます。

所要時間は3分程度ですので、ぜひご協力くださいませ。

詳細はこちらから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社テンダ
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2018年3月20日

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集