ニュース
» 2018年03月06日 18時47分 公開

都会派コンパクトクロスオーバー:新型SUV「レクサスUX」世界初披露 日本発売は18年冬 (1/6)

トヨタは、レクサスブランドの高級コンパクトSUV「レクサスUX」を初披露した。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は3月6日、レクサスブランドの高級コンパクトSUV(スポーツタイプ多目的車)「レクサスUX」を発表した。日本では2018年冬ごろの発売を計画している。

photo いよいよ登場「レクサスUX」

 「Creative Urban Explorer」をコンセプトにした都会的なコンパクトクロスオーバー。ボディーサイズは4495(全長)×1840(全幅)×1520(全高)ミリ(欧州仕様)とコンパクトになっている。

 エクステリアは、GA-Cプラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化(17または18インチ)で、俊敏な走りを予感させるプロポーションとした。厚みのあるボディー、張り出したフェンダーに加え、左右一体で水平に伸びる翼形状のリアコンビネーションランプが目立つ。

 インテリアは、SUVながら低いドライビングポジションとステアリングを中心に配置した操作系により、内と外の境界をあいまいにする日本の建築思想に着想を得たという造形で、見晴らしのよい開放感を実現。フロントシートには伝統的な刺しゅう技法である「刺し子」をモチーフとしたキルティングを採用している。

 新開発の2リッター直列4気筒直噴エンジンや2リッターハイブリッドシステムなど、最新のパワートレーンを採用。組み合わせる「Direct Shift-CVT」は、CVTに発進用のギヤを追加し、ダイレクトな発進・加速フィーリングを実現した。内外装に専用装備が与えられるスポーツグレード「“F SPORT”」も設定する。

 安全装備は第2世代の「Lexus Safety System +」を搭載。単眼カメラとミリ波レーダーはそのままに、昼間の自転車や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」など、各機能を進化させた。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -