ニュース
» 2018年03月09日 15時20分 公開

トヨタ、JapanTaxiなど:タクシー需要をAI予測、94%の正解率 売り上げにも成果

トヨタ自動車、JapanTaxi、KDDI、アクセンチュアの4社は3月9日、人工知能(AI)などを活用して予測したタクシー需要を配信する「配車支援システム」を共同で開発し、東京都内で試験導入を始めたと発表した。2018年度の実用化を目指す。

[中澤彩奈,ITmedia]

 トヨタ自動車、JapanTaxi、KDDI、アクセンチュアの4社は3月9日、人工知能(AI)などを活用して予測したタクシー需要を配信する「配車支援システム」を共同で開発し、東京都内で試験導入を始めたと発表した。2018年度の実用化を目指す。

photo イメージ図

 東京都内の500メートルメッシュ毎のタクシー乗車数を30分単位で予測する。タクシー運行実績や人口動態予測だけではなく、気象や公共交通機関の運行状況、大規模なイベント情報などをAIに組み込み、タクシー需要の大小に応じた学習モデルを適用。検証の結果、94.1%という高精度で需要を予測できたという。

 空車タクシーが少ない場所にタクシーを集めることで利用者の待ち時間を減らせるだけでなく、タクシーの乗車率向上も期待できる。営業成績の良いドライバーの知見に基づいた「お客様を見つけやすい走行ルート」もドライバーのタブレット端末に配信する。

 2月の試験導入では、同システムを利用したドライバーの売り上げ(1日当たり)は前月から平均20.4%増加。全体の増加率(9.4%)を上回る好成績だったという。

 今後は通信型ドライブレコーダーから収集した走行画像とタクシー需要との相関なども研究し、活用を検討していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -