ニュース
» 2018年03月23日 18時35分 公開

千葉県区間:外環道「三郷南IC」〜「高谷JCT」が6月2日開通

東京外環自動車道(外環道)の三郷南IC(埼玉県三郷市)から高谷JCT(千葉県市川市)が6月2日に開通する、

[ITmedia]

 国土交通省と東日本高速道路は3月23日、東京外環自動車道(外環道)の三郷南IC(埼玉県三郷市)から高谷JCT(千葉県市川市)が6月2日に開通すると発表した。

photo 開通する区間=ニュースリリースより

 外環道の開通部分は15.5キロ(片側2車線)。高谷JCTで首都高湾岸線と東関東道に、市川ICで京葉道路に接続する。市川ICは「京葉市川IC」に名称を変更する。

 開通で東関東道、常磐道、東北道、関越道の4つの放射道路が接続。東関東道から関越道、東北道、常磐道への所要時間が約18分〜26分短縮できるとしている。また東京ディズニーリゾート(TDR)を擁する湾岸エリア、大型ショッピングモールが立地する越谷・三郷エリアなどのアクセス性も向上。つくば市からTDRへの所要時間は約18分縮まるという。

photo 湾岸〜北関東方面の所要時間が短縮=ニュースリリースより

 外環道の延長に伴い、ETCを利用する場合の上限料金を現在の750円から1020円とする。ETCを利用しない場合も、1回の走行につき現行の750円から1020円になる。

photo 国道298号も同時開通

 同時に国道298号(国道6号・千葉県松戸市上矢切〜国道357号・千葉県市川市高谷)の11.4キロも開通する。市川・松戸間が初めて4車線道路で結ばれ、沿線地域の渋滞が緩和が期待できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -