ニュース
» 2018年04月05日 07時00分 公開

スヌーピーなどの名作が表紙に:「大人のジャポニカ学習帳」とは? 定番ノートがターゲットを広げた理由 (1/2)

ショウワノートは「大人のジャポニカ学習帳」を発売。「スヌーピー」「ムーミン」などを表紙にデザインした「愛されつづける名作シリーズ」を展開する。大人向けのノートとはどのようなものか? 同社に聞いた。

[加納由希絵,ITmedia]

 定番のノート「ジャポニカ学習帳」に、“大人向け”が加わった。ショウワノートはこの春、「大人のジャポニカ学習帳」を発売した。第1弾として、「スヌーピー」や「ムーミン」、ディズニー作品など、世界の名作に登場するキャラクターを表紙にデザインした「愛されつづける名作シリーズ」を展開する。

 どのような部分が大人向けなのか。そして、なぜ名作のキャラクターをテーマにしているのか。同社に聞いた。

photo ショウワノートが発売した「大人のジャポニカ学習帳 愛されつづける名作シリーズ」(ショウワノートのプレスリリースより)

ジャポニカを通して名作を知る

 ジャポニカ学習帳といえば、植物や昆虫などの写真をデザインした表紙で長年親しまれてきた。今回の名作シリーズのコンセプトについて、ショウワノートの担当者は「これまでジャポニカ学習帳という“フレーム”を通して、小学生が自然に興味を持つきっかけづくりをしてきました。認知度が高いこの枠を使って、自然以外にも何かを知るきっかけを提供できるのでは、と考えました」と説明する。その一環として、「相撲」「歌舞伎」「将棋」をテーマにした「日本の伝統文化シリーズ」も展開している。

 今回の名作シリーズには、大人向けのほか、従来と同じ小学生向け商品もある。表紙に採用されている作品は、「ピーナッツ」「ムーミン」「ミッフィー」「ディズニー作品」。大人向けと子ども向けで、それぞれ8種類を展開する。

photo 「名作シリーズ」小学生向けの8種類(ショウワノートのプレスリリースより)

 ジャポニカ学習帳はこれまで小学生向けに特化してきたが、子どもの母親たちに話を聞いてみると、「今でもあえてジャポニカ学習帳を使っている」という声もあるという。「昔から慣れ親しんだ、安心できるブランドとして、大人に向けて商品展開してもいいのでは」と考えた。

 名作シリーズには、親子2世代以上にわたって、長く愛されている作品を採用。親子で一緒に楽しめるようにもなっている。「キャラクターが有名でも、作品の背景や作者については意外と知られていません。ジャポニカ学習帳を通して、あらためて興味を深めてもらえたら」と担当者は話す。ノートには、作品やキャラクターにまつわる読み物のページも付いている。

photo 読み物ページの一例(ショウワノートのプレスリリースより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -