ニュース
» 2018年04月06日 11時39分 公開

リチウム購入権も獲得:ソフトバンク、リチウム生産会社に83億円出資 EV・スマホ需要を見据え

ソフトバンクグループがカナダNemaska Lithium Inc.に83億円を出資すると発表。スマホやEVの需要増加が見込まれており、リチウム電池のニーズが拡大すると予測したため。長期にわたってリチウムを購入できる権利も得る。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループ(SBG)は4月6日、リチウム生産会社のカナダNemaska Lithium(ネマスカ・リチウム)に83億円を出資し、発行済み株式の9.9%を取得すると発表した。さらなる電気自動車(EV)やスマートフォンの普及により、リチウム電池のニーズが拡大すると予測したため。

photo ソフトバンクグループの孫正義社長

 Nemaskaは2008年創業。リチウムの採掘・精錬と製品化を手掛けている。今後、世界3位のリチウム可採埋蔵量を誇る鉱山「ワブチ」(カナダ・ケベック州)などに工場を建設し、20年後半をめどに商業生産を始める計画もある。

 ワブチは約33年にわたり、年間3.3万トン以上のリチウム生産が可能という。

 SBGは高い生産力を持つNemaskaへの出資によってバッテリー市場への影響力を拡大するほか、年間生産量のうち最大20%を長期間にわたって毎年購入する権利も得る。Nemaskaに取締役1人を派遣する権利も持つ。

photo Nemaska Lithium Inc.の公式Webサイト

 SBGの孫正義社長は「テクノロジーとエネルギーの融合により、IoT(モノのインターネット)や EV時代のモビリティー革命をさらに推し進めていく」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -