ニュース
» 2018年04月16日 13時02分 公開

中京、関西、九州でも:定額で高速乗り降り自由 ETC二輪車「ツーリングプラン」今年も (1/2)

ETCを搭載する二輪車限定で、高速道路を定額で自由に乗り降りできる「ツーリングプラン」が4月27日から販売される。

[ITmedia]

 ETCを搭載する二輪車限定で、高速道路を定額で自由に乗り降りできる「ツーリングプラン」が4月27日から販売される。新たに中京、関西、九州でも実施し、全13コースを設定する。

photo 首都圏のコース詳細=ニュースリリースより

 関越道、上信越道、中央道コース(2日間)が4000円(税込)、名神、北陸道、京都縦貫道コース(2日間)が3000円、熊本、佐賀、長崎コース(2日間)が3000円など。

 例として、高井戸IC→諏訪IC【ビーナスライン】→東部湯の丸IC→碓氷軽井沢→【軽井沢】→練馬IC──ツーリングをする場合、高速料金は通常7400円(平日昼間)かかるが、関越道、上信越道、中央道コースなら4000円で済み、3400円お得になるとしている。

 ただ、利用する日時・区間によっては通常料金とETC時間帯割引の方が安価な場合があるため、あらかじめNEXCOのWebサイトなどで利用予定経路の料金を確認するよう呼び掛けている。

 スマートフォンやPCでNEXCO各社のWebサイトにアクセスし、二輪車のナンバーやETCカード情報などを入力して事前に申し込む必要がある。走行直前でも解約でき、キャンセル料は不要。当日の天候が悪い場合などに配慮している。

 東日本高速道路(NEXCO東日本)などがツーリング需要の喚起などを狙いに昨年7月から初めて実施した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -