ニュース
» 2018年04月26日 15時16分 公開

大河原ロボ「J-deite RIDE」:車が人型ロボットに変形 ソフトバンク系などが報道陣に公開

ソフトバンクグループでロボット事業を手掛けるアスラテック(東京都千代田区)など3社は、最大2人まで搭乗可能な人型変形ロボットの試作機を報道陣に公開した。

[ロイター]

[東京 26日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>でロボット事業を手掛けるアスラテック(東京都千代田区)など3社は24─25日、最大2人まで搭乗可能な人型変形ロボットの試作機を報道陣に公開した。人型(ロボットモード)と車型(ビークルモード)とに自由に変形できるのが特徴で、将来的には量産化も目指す。

photo 4月26日、ソフトバンクグループでロボット事業を手掛けるアスラテック(東京都千代田区)など3社は、最大2人まで搭乗可能な人型変形ロボットの試作機を公開。人型(ロボットモード)と車型(ビークルモード)とに自由に変形できるのが特徴。都内で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
photo 4月26日、ソフトバンクグループでロボット事業を手掛けるアスラテック(東京都千代田区)など3社は、最大2人まで搭乗可能な人型変形ロボットの試作機を公開。人型(ロボットモード)と車型(ビークルモード)とに自由に変形できるのが特徴。都内で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

公開したのは「J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)」。アスラテックと遊戯機械大手の三精テクノロジーズ<6357.T>、ブレイブ・ロボティクス(東京都千代田区)の3社が開発した。デザインは「機動戦士ガンダム」のモビルスーツのデザインなどで知られる大河原邦男氏が協力した。

開発費は非公表。全長は約4メートルで、ロボットモードでは時速100メートルの二足歩行が可能。ビークルモードでは理論的には時速60キロメートルで走行できるという。

三精テクノロジーズはこの技術を活用し、アミューズメントパーク向けに変形ロボット型遊戯機械の事業化を目指す。変形するゴーカートや園内パレードでの変形デモンストレーションなどを検討する。

アスラテックの吉崎航チーフロボットクリエイターは「二足歩行、大型、2人乗り、変形もできるロボットはわれわれも初めてで、おそらく世界的にも初めての要素が沢山あるのではないか」と話した。

(志田義寧)

Copyright © Thomson Reuters

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -